犬の目の病気

■犬の目について 犬の目といっても、人間とそう造りが違うというわけではありません。基本的な構造はほとんど一緒ですが、違う点を挙げるとすれば「水晶体が8mmと人(4mm)よりも分厚いため、近視気味である」「反射板のような役割を果たす"輝膜(こうまく)"があるために、暗闇でも行動ができる(目が光って見える)」というのが大きな特徴であると言えます。 そんな犬の目も、やはり人間同様に病気になります。キラキ...詳しくはコチラ

▲ペットトップに戻る