赤ちゃんの目の病気について

■赤ちゃんの目と病気 赤ちゃんの目、というのは耳や鼻、それに胃腸などの部位に比べて、じっと見る機会の多い場所なので、目やにや充血など、ちょっとした異常にも気づきやすい部分だといえます。この先ずっと使い続ける器官ですから、早いうちに病気を見つけてお医者様に見てもらいたいですよね。 特に赤ちゃんの目の病気で症状が出やすいのが「結膜炎」。特に新生児の赤ちゃんは風邪のウィルスによる細菌性結膜炎にかかりやす...詳しくはコチラ

イントラレーシックの問題点

■イントラレーシックとは何か イントラレーシックとは、「従来のレーシック手術の作業の一部を医療用レーザーを用いて行う」手術のことです。 手術のどの部分を医療用レーザーで行うのかというと角膜に貼り付ける「フラップ」というパーツを作成するときに、このレーザーを使用します。 従来はブレードと呼ばれる機械を使ってフラップを作成していましたが、この医療用レーザーを用いることによって、老眼の方などの視力回復を...詳しくはコチラ

目の腫れを治す

■目の腫れを治すには 目の腫れというものは、結膜炎などの病気以外にも、日常生活の様々なケースで出てくるもの。そういった目の腫れをすぐに治すことができれば...と思っている方も少なくないのではないでしょうか。 そもそも目の腫れというものには様々な原因があり、先ほど言った「病気」のほかにも「虫刺され」「目のこすりすぎ」などがあります。それぞれの原因ごとに治す方法は異なるので、何で目の腫れが起こったのか...詳しくはコチラ

赤ちゃんの目やに

■赤ちゃんと目やに 朝目覚めた赤ちゃんの目元に大人のように目やにができる、というのは珍しいことではありません。ですが、これが「やたらとたくさん出てくる」「なんだか目やにが黄色っぽい気がする」という場合、病気のシグナルである場合もあるので注意が必要です。 と言うのも、生まれたての新生児の子の中には鼻涙管(びるいかん)と呼ばれる目と鼻につながる器官が未発達な子もいて、そういった子は涙嚢(るいのう)とい...詳しくはコチラ

目のしくみについて

■目が腫れるしくみとは 泣きつかれて眠ったり、メイクでアイライン書くのに失敗してごしごしこすりすぎたり、うっかり唐辛子で目をこすった次の日、ふと鏡を見たら充血して、まぶたが腫れていた...ということ、経験あるかた、いませんか? これは、目と脳、その周りにある欠陥などのしくみが原因になって起こるのです。 というのも、まぶたをこすったりするなど痛みを与えることで、脳がびっくりして毛細血管から組織液とい...詳しくはコチラ

目薬の正しい使い方

■目薬の正しい使い方を知る前に どんな薬も正しい使い方をしなければちゃんと発揮しなかったり、体調が悪くなることがあります。 日常的に使っている目薬だって、正しい使い方を守らなければちっとも効かないので注意が必要です。まず正しい使い方を覚える前にチェックしておきたいのが、使用期限(大体容器か箱に書いてあるのですぐわかります)。 この使用期限は「未開封の場合」のもので、実は一回開封してしまったら一ヶ月...詳しくはコチラ

眼科の選び方

■眼科を選ぶ 眼科などはどこでも一緒でしょ。と思っているかもしれませんが、最近は視力矯正のレーシック手術を原因とした術後の感染性結膜炎や角膜炎にかかる(中には重篤な視力障害が残った方もいます)という事件が起こったため、選び方を気にする方もだんだん増えてきています。 コンタクトを処方するだけならまだしも、やはり自分や自分の家族の大切な目は自分でも守りたいですからね。 コンタクトを使うときの検査費用や...詳しくはコチラ

▲基礎知識トップに戻る