視力は自然に回復するもの?トレーニングでは治らないの?

視力というものは一度悪くしたらなかなか回復させるのは難しいものです。何もせずに自然に回復させるのまず無理な話でしょう。
視力を回復をさせたいのならば視力回復トレーニングをしてみてはどうでしょうか。
これは、私も子供の頃に体験していて、当時0.2の視力が半年ほどのトレーニングで0.9まで回復しました。
トレーニングで視力が治るという効果は保証できます。


では、視力を回復させるトレーニングはどのようなもので、どんな人に効果があるのか知りたいですよね。


視力回復トレーニングは、大人も子供も目を傷つけること無く、安心して視力回復ができるトレーニングで、遠くと近くを見る室内凝視訓練法というものです。

近視・遠視・弱視・乱視にも対応できるように研究開発されたもので、特に、子供や、近視歴が短い大人に効果があると言われています。


トレーニングには視力回復センターのトレーニングや○○式トレーニングなと色々とありますが、できれば厚生労働省からの認可を受けたセンターでの訓練が安心できますね。

認可を受けたセンターでは、厚生労働省から医療機器として認定をされた機器を使ってトレーニングをおこない、視力を回復させます。

この機器を購入すれば自宅でも家族でトレーニングができますよ。

ただし、定期的に訓練をしなければいけません。お子さんの場合は、面倒くさがってやらなくなるのでお母さんやお父さんがトレーニングをリードするようにしましょう。

個人差はありますが、6か月~1年ほどの期間が目安になります。
視力回復後は訓練を止めればすぐに視力が低下することはありませんが、治ったからといって目を酷使し続けるとまた視力が低下してしまいます。
定期的に視力測定をしてトレーニングをしたり、目の体操や、遠くや近くを見るというようなことはしたほうがいいですね。


さて、先ほどちょっと触れたのですが、トレーニングでの回復は「近視歴の短い大人であれば」と言いましたね。
視力回復トレーニングを始めるのは、視力が悪くなってからトレーニングを始める期間が早いほど効果が早く出るそうです。

コンタクトレンズの使用者のため目薬のおすすめはこちら


ということは、近視歴が長い大人の場合は、視力回復に時間がかかるということになりますね。
それはなぜかと言いますと、大人の近視の場合は、角膜・水晶体の厚みを調節させる機能だけではなく、形状にも原因があるので、短期間のトレーニングでは回復しにくいそうです。

大人の場合でも、「強度の近視の大人でも、メガネなしで本やテレビを見られるようになった」という実例もありますから、諦めずにトレーニングを行うようにしてください。

視力は自然に回復するもの?トレーニングでは治らないの?の関連記事

▲視力は自然に回復するもの?トレーニングでは治らないの?トップに戻る