イントラレーシックの問題点

■イントラレーシックとは何か

イントラレーシックとは、「従来のレーシック手術の作業の一部を医療用レーザーを用いて行う」手術のことです。
手術のどの部分を医療用レーザーで行うのかというと角膜に貼り付ける「フラップ」というパーツを作成するときに、このレーザーを使用します。

従来はブレードと呼ばれる機械を使ってフラップを作成していましたが、この医療用レーザーを用いることによって、老眼の方などの視力回復を行うことができるようになったといわれています。

ただ、このイントラレーシックに使用する医療用レーザーを揃えるのにお金がかかる上、それを扱うスキルなども必要になってくるため、病院側もそれなりのリスクが伴うなどまだまだ問題点は山積しており、イントラレーシックの普及にはまだ時間がかかりそうです。


■イントラレーシックの問題点

体験記でもよく言われているイントラレーシックの問題点として「回復が従来の手術と比較して遅い」という点があります。
これはどういう事かというと、手術の際に目に貼り付ける「フラップ」という部品があるのですが、イントラレーシックの場合このフラップがきちんと接着するまで時間がかかる為に、術後の治りが遅いという問題点として捉えられてしまうのだそうです(たまに体験記で見る、医師の指示を守らないで術後すぐにメイクをしたりして後遺症が出てしまったというのは、問題点にはなりません)。

とはいえ、イントラレーシックは、乱視や老眼などスの視力矯正も可能であったりドライアイの発生率が低いという利点があったりします。また、レーザーで処理するので一時期問題点として話題になった「目への異物混入」などの心配をしなくてもいいんですよ。
こういった治療に関しては問題点やデメリットなど、マイナスイメージな事がよく取り上げられますが、なぜそれが問題点になるのかというのを確認してみることも大切です。


■イントラレーシックの費用

イントラレーシックの最大の問題点、と言えなくもないのが費用がとにかく高いと言う事です。安いところでも手術1回で約14万?など、かなり出費としては厳しいところです。

気持ちとしてはとにかく安いところに行きたくなりますが、よくある問題点として挙げられる「術後の後遺症のアフターケア」がしっかりしている病院やプランを選ぶことをお勧めします。安いプランだとアフターケアがなく、デメリットの方が大きくなる場合もありますしね。

最近の医療保険などはレーシック手術を保険金の支給対象から外しているところも多いので、そういった点も踏まえて比較検討して満足なサービスが受けられる病院を選んでくださいね。

イントラレーシックの問題点の関連記事

▲イントラレーシックの問題点トップに戻る