老眼と近視について

■老眼の症状について

老眼とはどのような症状のことを指すのかというと、年齢のためか老眼の始まった私の母曰く「近くのものがはっきりと見えにくくなり(ぼんやりとしたり、ぶれたりする)」「遠くのものはやたらとクリアに見える」のだそうです。
(実生活で、やたらとオーバーに新聞を顔から離して読むおじいちゃんがいたり、レストランのメニューをやたらと顔から離して凝視するおばちゃんなどがいますが、あれはデフォルメなどではなく、本人はいたって真剣なのだそうです)

イメージとしては遠視+近くを見るときには乱視が混ざるような感じになるというのが近いのかもしれませんが、最近はそれに近視がプラスされた症状も出始めていますので、近視にお悩みの方はできる限り対策をしておくことをおすすめします。


■老眼と近視

老眼の場合は遠視+乱視のような感じになるといわれていますが、それに「近視」が混ざるケースもあります。そうなると近視+遠視+乱視となり、見える視界が非常に狭くなってしまうこともあります。
最近は近視もちの方が多いので、こういった近視が混ざった症状というものは今後ますます増えるとも考えられます。

そういった近視の混ざった症状を防止するには、やはりめがねを使用するのが一番ですが、こまめに病院にいき、目の状態をチェックしてもらうことが大切になります。

また、最近では遠視・近視両用のコンタクトレンズも発売されていますが、老眼の始まる年齢になるとコンタクトを着用するのが難しくなってくるからか、コンタクトレンズからめがねに付け替えるというかたも結構多いようです。

老眼鏡はちょっとねえ...という方もいると思いますが、うちの母親などは突然「めがねのおしゃれ」に目覚めました。その日の気分で付け替えてみるなど、楽しみながら防止対策を行ってみてはいかがでしょうか。


■老眼の治療

老眼の治療、といえば最近はレーシック手術が注目を浴びていますが、緑内障や白内障の方は手術が受けられないというリスクがあります(目の眼圧を調整するために、緑内障などの方が手術を受けると逆に目に悪影響があるといわれているためです)。

最近は個人の眼科などで遠視・老眼の矯正手術を行っているところもありますが、こちらはまだ治療方法が確立されておらず、病院によっては格安価格で手術ができるモニター(治験者)を募集しているところもあるということで、安全性に関してはまだまだ保障が難しいようです。

また、老眼の手術を受けた後も、やはり症状は進行してしまうので、しばらくたったら元通り...ということも十分有り得る話です(手術をすること=症状を遅らせるようなものですね)。それにプラスして近視があり、視界が狭い...という方は、医師との相談の上で近視の治療を進めるようにしてもいいかもしれませんね。

老眼と近視についての関連記事

▲老眼と近視についてトップに戻る